子育ての悩み

5歳でひらがなが読めない•書けないのは発達障害?練習方法は?

5歳になると小学校入学を意識するようになります。ひらがなが読める・書けるというお子さんも増えてきます。

「うちの子5歳でひらがなが読めない・書けないけど、大丈夫?」

「発達障害じゃないかな。」

と不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

編集長
編集長

こんにちは!元小学校教師・男女2児の母の編集長です。

最近は小学校入学前にひらがなを習得しているお子さんが多いです。しかし、5歳でひらがなが読めない・書けないから発達障害とは言えません。今はひらがなに興味がないだけかもしれません。5歳から練習すれば、小学校入学前までにひらがなを習得することも可能です。

この記事では、ひらがなが読めない・書けないお子さんへのひらがなの教え方・練習方法をご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

\紙の学習が苦手なお子さんに!/
スマイルゼミ公式ホームページはこちら>>

資料請求で特典がもらえます!

5歳でひらがなが読めない・書けないのは発達障害?

5歳になるとひらがなが読める・書けるお子さんが多くなってきます。そのため周りのお子さんと比較して不安になってしまう保護者の方は多いです。

しかし、過剰に心配することはありません。ひらがなへの興味・関心には個人差があります。ひらがなよりも楽しい事・好きな事が沢山あるお子さんなのかもしれません。

そのため未就学児でひらがなが読めない・書けないからといって発達障害だと診断することは難しいです。もし小学校入学後も継続して読み書きに困難を感じるようであれば、学習障害(LD)の可能性が考えられます。学習障害は、全般的に知的な遅れはないが、読み書きなど特定の能力に困難を示します。

5歳の時点でひらがなの読み書きができない場合は、まずは文字への興味・関心を引き出すことに取り組んでみましょう。

小学校生活では、1年生の時点で靴箱などにひらがなで名前が書かれています。幼稚園とは違い自分で自分の名前をみつけて行動しなければなりません。最低限入学時に自分の名前の読み・書きができるようになっていると良いと思います。

もし、ひらがなの読み書き以外にも発達で気になることがあるのであれば、園の先生や専門家に相談してみましょう。

参考:文部科学省特別支援教育

5歳へのひらがなの教え方、練習方法は?

ひらがなが読めない・書けないお子さんに効果的なひらがなの教え方、練習方法をご紹介します。

ひらがなが読めない場合

ひらがなへの興味・関心を高める

ひらがなが読めないのは単純にひらがなに興味が湧かないからかもしれません。いきなりひらがなを書く練習を始めるのではなく、一緒に読むことから始めましょう。

お子さんが好きなゲームのキャラクターの名前や外出先の看板に書かれている文字などを一緒に声に出して読んでみましょう。ひらがなの音声が出るおもちゃを利用するのも良いでしょう。

ひらがな表を貼る

リビングやトイレなどにひらがな表を貼りましょう。いつでも目に入る位置に貼っておくことで興味が出ます。

好きなキャラクターや好きな色のものを用意すると良いでしょう。お風呂用のひらがな表もありますので、湯船に浸かりながら一緒に読んでみるのもお勧めです。

手紙を書いてあげる

お子さんに手紙を書いて渡しましょう。まずは、名前や一言から始めましょう。「なんて書いてあるの?」と興味をもってくれます。

ひらがなが書けない場合

まずは運筆から

文字を書くには、ある程度の筆圧が必要です。

元々お絵描きなどの書く遊びが好きでない場合、筆圧が安定せず文字が上手く書けない可能性があります。迷路やなぞり書きをして沢山書く経験をさせてあげましょう。

まずは鉛筆でなくてもOKです。クレヨンやカラーペンなどお子さんが興味を持つものを選びましょう。

ひらがなを書いて見せる

保護者が実際にひらがなを書いているところを見せましょう。

お子さんの名前や好きなキャラクターの名前を書いてあげると興味をもってくれるかもしれません。少し興味が出てきたら、一緒に鉛筆をもって書いてみましょう。

ひらがなを書く練習をしよう

ひらがなに興味が出てきたら、ひらがなを書く練習をしましょう。「つ」や「し」など画数が少なく、簡単なものから始めます。お子さんが名前を書きたい場合は、名前から始めてOKです。

紙と鉛筆だけで練習しても良いのですが、プリントやドリルなどがあるとより簡単に進めることができます。ほとんどの教材が簡単な文字から段階的に練習できるようになっています。

教材の通りに進めていけば良いので保護者の負担も少ないです。ひらがな練習の教材の中でも通信教育は、楽しく学習できる教材なので継続して学習できます。

5歳でひらがなが読めない・書けない子におすすめの通信教育は?

我が家では、今まで様々な通信教育教材を試してきました。5歳のひらがな練習ができる通信教育は、同時に数や時計などの小学校入学準備学習ができます。

幼児向けの通信教育は詰め込み式の学習ではなく、遊びのように楽しく学習できるのが魅力です。

5歳のお子さん向けの「楽しく」ひらがな練習できる通信教育教材をご紹介します。

  • 幼児ポピー
  • スマイルゼミ
  • こどもちゃれんじ
編集長
編集長

この3つの通信教育は全て資料請求ができます。

複数請求して比較するとお子さんに合った教材が見つかると思います。

幼児ポピー


(参照:幼児ポピー)

幼児ポピーはフルカラーの紙ワーク教材です。楽しく学びならがら、しっかり小学校入学準備学習ができる教材です。

教材は2冊の紙ワークとデジタル教材。おもちゃなどはなく、月額1,100円(税込)とリーズナブルです。

シンプルな紙ワークで勉強したいという家庭に人気です。

ポピーは本教材の抜粋である無料お試し教材を取り寄せることができます。無料お試し教材でお子さんの反応を見てみましょう。

幼児ポピー公式HPはこちら>>

スマイルゼミ

(参照:スマイルゼミ)

スマイルゼミは幼児からできるタブレット学習です。

月額3,278円(税込)で国語・算数・英語・生きる力の学習をすることができます。

5歳であればすでに市販のプリントやドリルを試したけれど、成果が出なかったという方も多いのではないでしょうか。紙の教材が苦手だったお子さんは、タブレット学習を試してみて下さい。

特にゲームやデジタルコンテンツが好きなお子さんは、喜んで取り組んでくれるかもしれません。

スマイルゼミは「書く学び」にこだわった教材で、書きやすい高性能な専用タブレットを使用して学習します。音声や書き順のナビゲーションに沿ってひらがな練習できます。

年長の途中から始めてもタブレットが自動でペース配分をし、入学までに全てのひらがな、カタカナを学習することができます。

専用タブレットは小学生コースでも引き続き利用可能です。

資料請求で特典があります。

スマイルゼミ公式ホームページはこちら>>

こどもちゃれんじ

(参照:こどもちゃれんじじゃんぷ)

こどもちゃれんじは、紙ワーク、絵本、動画教材、知育玩具、デジタル教材など盛り沢山の教材でひらがな練習をすることができます。

料金は、月額2,480円(税込)〜

年長向けのじゃんぷでは、タブレット学習も可能です。専用タブレットは小学生向けのチャレンジタッチでも引き続き利用することができます。

追加受講費なしで入手できる「1年生準備スタートボックス」で小学校入学準備学習もしっかりすることができます。

\幼児向け通信教育人気No.1/
こどもちゃれんじ公式HPはこちら>>

まとめ:5歳からでも大丈夫。すぐにひらがな練習をスタートしよう!

お子さんが5歳になる小学校入学が近づいてくるので、保護者が焦ってしまいがちです。しかし、間違った詰め込み式の学習はお子さんが勉強嫌いになってしまう可能性もあります。お子さんが楽しく取り組める教材を用意してあげるとスムーズです。

小学校の授業は、クラスのペースに合わせて進んでいくのでお子さんのペースで学習することができるのは幼児期の今だけです。

5歳年長さんにおすすめの通信教育を利用して、小学校入学までにひらがなを習得を目指しましょう!