子育ての悩み

幼稚園降園後の過ごし方•遊びのアイデア11選!スケジュールも公開

幼稚園は帰ってくるのが早いので、降園後どうやって過ごそうかと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

早い幼稚園では2時頃には帰宅しますよね。

午前保育がある幼稚園もあるでしょう。

あっという間に帰ってくるので、たっぷり時間があります。

私も毎日何をして過ごそうかと頭を悩ませていました。

しかし、こんなに沢山子どもと過ごす時間があるのも幼稚園児のうちだけです。

有意義な幼稚園降園後の過ごし方・遊びのアイデアをまとめました。

編集長
編集長

2児の母の編集長です。

幼稚園降園後の過ごし方に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

幼稚園降園後の過ごし方・遊びのアイデア11選

幼稚園に入園したばかりの満3歳のお子さんや年少さんは幼稚園に行くだけでもヘトヘトになっているかもしれません。

まだお昼寝が必要な子もいるでしょう。

幼稚園に慣れるまでは降園後は自宅でおやつを食べてのんびり過ごしてOKだと思います。

幼稚園に慣れ、体力がついてくると時間と体力を持て余すようになります。

遊びや勉強を取り入れて過ごしましょう。

我が家でも取り入れていた幼稚園降園後の過ごし方・遊びのアイデアをご紹介します。

公園に行く

お外遊びが好きなお子さんは、近くの公園で遊びましょう。

体を動かすことができますし、体力を消耗し夜の寝つきが良くなります。

ただし毎日長時間の公園遊びだと親の体力がもたないことも。

時には別の予定を入れて気分転換をすることをおすすめします。

買い物に行く

幼稚園から降園後一緒にスーパーやドラックストアに買い物に行くのも良いでしょう。

お手伝いとして商品を取ってもらったり、お金を払ってもらったりと子どもにとっても学びになります。

習い事をする

幼稚園に入ると習い事をするお子さんも多くなります。

降園後、何か習い事を始めるのも良いでしょう。

幼稚園内で習い事ができる園もありますよね。

幼児の習い事としては、体操やプール、ピアノ、英語などが人気です。

工作をする

自宅で過ごす日は、工作をすると想像力や手先の器用さがつきます。

材料は、お菓子の空き箱やトイレットペーパーの芯などでOKです。

NHKの工作番組を一緒に見るとアイデアが湧いたり、作ってみたいという気持ちになったりします。

勉強をする

幼稚園に入園したら、自宅でのお勉強を取り入れてみましょう。

幼児が集中できる時間はとても短いので1回5分でもOKです。

幼児向けのワークは、シールや迷路など遊びになる教材なので、お子さんも楽しみながら学習習慣をつけることができます。

通信教育は、文字や数の勉強だけでなく、生活習慣やマナーなども学べます。

料金もリーズナブルなものが多いです。

3歳年少さんにおすすめの通信教育はコレ!目的別に教材を紹介3歳年少のお子さんは、言語能力が急激に発達し、言葉でのコミュニケーションがとりやすくなる年齢です。 幼稚園・保育園生活をスタートす...

映画を見る

雨の日は自宅で映画を見るもの良いでしょう。

雨の日はのんびり過ごして、親も体力を回復しましょう!

ボードゲーム・カードゲームをする

幼稚園に入園する年齢になるとルールのある遊びができるようになります。

簡単なカードゲームやすごろくから始めましょう!

料理をする

料理に興味があるお子さんであれば、一緒にお菓子を作ったり、晩御飯の支度をしたりするのも良いでしょう。

幼児であれば、野菜を洗ったり、卵を割ったりするだけで楽しんでやってくれます。

預かり保育を利用する

預かり保育を実施している幼稚園も多いです。

私用での預かり保育の利用が認められている場合は、たまには預かり保育を利用するのも良いでしょう。

預かり保育で色々な遊びや外遊びができる幼稚園もあります。

お金はかかってしまいますが、親もリフレッシュできる時間になるので、時々利用してみてはいかがでしょうか。

祖父母の家に行く

おじいちゃん・おばあちゃんの家が近い場合は、降園後遊びに行くのも良いでしょう。

幼児のうちは、おじいちゃん・おばあちゃんと遊ぶのが楽しいお子さんも多いです。

おじいちゃん・おばあちゃんも喜びますし、親も少し休憩ができます。

通院などの予定を入れる

幼児のうちは、ワクチン接種や歯科でのフッ素塗布など何かと病院にかかることが多いと思います。

幼稚園の降園後に予定を入れましょう。

幼稚園降園後のスケジュール

息子が年少の頃の平日のスケジュールはこちら。

14:30 帰宅
15:00 おやつ
15:30〜17:00 外遊び、習い事、勉強など
17:00〜 テレビ、おもちゃ遊び
17:30〜 夕飯
18:30〜 お風呂、歯磨き
19:30 絵本、就寝

という感じで過ごしていました。

当時下の子が赤ちゃんだったので、抱っこしながら毎日外遊びをするのは大変でした。

そのため、週5日外遊びではなく、お家で過ごす日もつくっていました。

家では、テレビやおもちゃだけでは飽きてしまうので、通信教育で勉強をしたり工作をしたりして過ごしていましたよ!

幼稚園降園後の過ごし方・遊びのアイデアまとめ

幼稚園は降園するのが早く、時間を持て余してしまうこともあると思います。

しかし、親子で沢山の時間を過ごせるのは幼稚園児のうちだけです。

小学生になると友達と遊んだり、習い事をしたりと忙しくなるお子さんが多いです。

外遊びで体力をつけながら、

料理や勉強など時間がある時にしかできないことを経験させてあげると良いでしょう。