スマイルゼミ

スマイルゼミは発達障害の幼児におすすめの教材!口コミは?

スマイルゼミは、発達障害や学習障害、発達障害グレーゾーンと呼ばれるお子さんにもおすすめの通信教育です。

幼児コースがあるので、就学前のお子さんの入学準備教材としても人気があります。

スマイルゼミの幼児コースは、タブレット教材だけで国語・算数・英語・生きる力の分野が学べる内容になっています。

発達障害のあるお子さんは、周りと比較して苦手なことがあると思います。

しかし、得意なことを大切にお子さんの能力を伸ばしていきましょう。

この記事では、スマイルゼミを発達障害のある幼児にもおすすめする理由とスマイルゼミ幼児コースの内容を解説します。

編集長
編集長
元小学校教師・2児の母である編集長が執筆しています。

スマイルゼミが発達障害のお子さんにおすすめの理由

  • 1講座5分で完了
  • 自分のペースで学習できる
  • 机以外の場所でもOK
  • イラストや動画で楽しく学習
  • 玩具や付録のないシンプル設計

\幼児コースはこちらから/
スマイルゼミの資料請求をする>>

編集長
編集長
スマイルゼミが気になっている方は、まずは資料請求をして詳細を確認しましょう!

スマイルゼミ幼児コースの基本情報

運営会社 株式会社ジャストシステム
対象年齢 3歳・4歳・5歳・6歳
月額料金 3,278円(税込)〜
タブレット代 10,978円(税込)〜
タブレット
あんしんサポート代
年額3,960円(税込)
オプション講座 英語プレミアム:月額748円(税込)〜
教科 幼児コース:国語・算数・英語・生きる力

発達障害のある幼児の特徴

発達障害と一概に言っても、お子さんそれぞれに得意・苦手の個性をもっています。

発達障害の種類としては、

  • 自閉症スペクトラム
  • 学習障害(LD)
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)

などがあります。

幼児であれば、発達障害グレーゾーンと呼ばれる診断のついていない子も多いです。

発達障害のお子さんが苦手とすることは、

  • 課題に集中できない
  • じっとしていられない
  • 言葉の遅れがある
  • 周囲とのコミュニケーションが苦手
  • 書くことが苦手
  • 読むことが苦手
  • 癇癪がある

などがあります。

一人ひとりの発達段階や得意なこと、好きなことに注目して、学習を進めることが重要です。

発達障害のある幼児がスマイルゼミを受講した口コミ

発達障害のある就学前のお子さんが実際にスマイルゼミを受講した口コミを集めました。

スマイルゼミ幼児コースの学習内容

スマイルゼミの幼児コースには3つのコースがあります。

  • 年少冬講座(年少3・4歳12月〜)
  • 年中コース(4歳・5歳)
  • 年長コース(5歳・6歳)

スマイルゼミの幼児コースの学習内容は、4つの分野です。

  • 国語の基礎
  • 算数の基礎
  • 英語
  • 生きる力(ちえ、せいかつ、しぜん)

2022年4月からは、無学年学習コアトレというコンテンツが無料で学習できるようになりました。

無学年学習コアトレでは、小学1年生〜中学3年生の国語・算数の内容を先取り学習をすることができます。

また、先取りだけでなく、さかのぼり学習もすることができます。

小学校に入学してから、学習につまづきを感じたら、下の学年の内容を学び直すことができます。

発達障害のある子にとっては、お子さんのペースで先取り・さかのぼり学習をすることができるのが魅力です。

スマイルゼミで幼児も先取り!無学年学習コアトレを徹底解説!幼児期から小学校入学に向けて先取り学習を始めている子はとても多いです。 スマイルゼミの幼児コースでは、学年に応じたのカリキュラムの...

スマイルゼミ幼児コースの特長・メリット

発達障害の幼児のお子さんがスマイルゼミで学習するメリットをご紹介します。

1講座5分でできる

発達障害のあるお子さんには、長時間集中して学習することが苦手というお子さんも多いのではないでしょうか?

スマイルゼミ幼児コースは、1講座5分ほどの内容になっており、1日3講座15分の学習が目安となっています。

もちろん、1日1講座5分の取り組みでもOKなので、お子さんの負担にならない学習量に設定することができます。

自分のペースで学習できる

大勢の人がいる場所が苦手だったり、周りのペースに合わせたりすることが苦手だったりするお子さんは、公文式などの学習塾では集中できないことがあります。

スマイルゼミは、問題の音声読み上げ機能や自動丸つけ機能があり、子どもが1人でも学習できるよう設計されています。

完全に自分のペースで学習することができます。

好きな場所で学習できる

机に長時間座っているのが苦手という子もタブレット学習であれば、机で学習することにこだわる必要はありません。

ソファやお気に入りの場所で学習するのもOKです。

これは紙と鉛筆の学習では難しいことではないでしょうか。

イラストや動画で集中できる

スマイルゼミの講座は、カラフルなイラストや動画で学びます。

耳から情報を得ることが苦手な視覚優位の子にもおすすめです。

シンプルな画面表示で気が散らない

スマイルゼミの画面表示は、こどもちゃれんじのタブレット教材と比較するとキャラクターや音楽が少なく、わかりやすいシンプルな表示になっています。

情報量の多い画面では、気が散りやすいという子にも取り組みやすいと言えます。

年長コースは小学校入学準備学習ができる

発達障害のある幼児のお子さんをもつ方は、小学校の学習についていけるか不安という方も多いです。

スマイルゼミの年長コースは、小学校の学習の土台を身につけることを目標にしています。

ひらがな・カタカナ・時計の読みなどを学習します。

時間に余裕のある幼児のうちに、入学準備学習をしておくと小学校での学習にもスムーズに繋げられるかもしれません。

3歳年少からスマイルゼミを受講した口コミ評判!先取りできる?年少さんはお話しすることや聞くことが上手になり、手先の器用さも増してきます。 タブレット教材での学習に興味をもっている保護者の方も...
スマイルゼミ幼児コース年中の口コミと内容は?英語は難しい?年中さんは、知能と言語が発達し、日常的な会話はほとんどできるようになる時期です。 ひらがななどの文字への興味や関心が高まってきたら...
スマイルゼミ幼児コース年長の口コミと内容は?英語は難しい?年長さん(5歳・6歳)になると保護者も子どもも小学校への入学を意識するようになりますよね! そのため、年長さんは「ひらがなを書きた...

スマイルゼミの注意点・デメリット

スマイルゼミを受講する上での注意点とデメリットをまとめました。

紙と鉛筆で書く練習は別で必要になる

スマイルゼミの教材はタブレット1台のみなので、紙に鉛筆で書く練習はできません。

そのため市販のワークや紙教材の通信教育での練習が必要になります。

紙の教材を嫌がる子もタブレット学習をきっかけに、自信がついて紙に書くことができるようになることもあります。

コースの変更ができない

スマイルゼミは、入会したコースを途中で変更することができません。

年度が変わる時に自動的に上の学年のコースに移行します。

幼児コースのレベルが合っているという場合も、年長コースが終われば小学生コースに進級することになります。

どうしてもコースを変更したい場合は、一度退会して、再度入会する必要があります。

契約から1年以上経過している場合は、タブレット代も再度かかってしまいます。

スマイルゼミ幼児コースのコース変更をする方法と注意点スマイルゼミ幼児コースに入会後、実際に受講してみると内容が「簡単すぎる」「難しい」など、子供の学習レベルに合っていないと感じる場合があり...

12ヶ月未満の退会はタブレット代が高額になる

スマイルゼミのタブレットは、12ヶ月以上の継続受講を条件に本体価格よりも安い金額で販売されています。

もし、12ヶ月未満で退会・解約をすると本体価格のタブレット金額の残額を支払うことになります。(条件により金額は異なります。)

入会前に資料請求などをして、継続できそうな内容かしっかり確認してから、入会することをおすすめします。

【2022版】スマイルゼミ年中・年長の料金とタブレットの金額!この記事では、スマイルゼミの幼児コース(年中・年長)の料金とタブレットの金額をわかりやすく解説しています。 スマイルゼミは、タブレ...

お子さんに合った学習方法で能力を伸ばしましょう!

スマイルゼミは発達障害のある幼児にも人気のあるタブレット教材です。

紙と鉛筆の学習には興味を示さなかった子が取り組めるようになったという口コミも多いです。

小学一年生になると、「小1プロブレム」「小1の壁」という言葉がある通り、保護者もお子さんも小学校生活に慣れるまで時間がかかります。

発達障害のあるお子さんは、時間に余裕のある幼児のうちに小学校入学準備を始めるのがおすすめです。

スマイルゼミに入会する場合は、必ず資料請求から始めてください。

資料で幼児コースの学習内容を把握することで、その後スマイルゼミのカリキュラムに納得して取り組むことができます。

12ヶ月未満の解約は、高額なタブレット代がかかってしまうので、資料請求をして学習内容をしっかり確認しましょう。

\幼児コースはこちらから/
スマイルゼミの資料請求をする>>