RISUきっず

RISUきっずの口コミ評判!年中5歳がお試し体験した結果!

年中、5歳の息子がRISUきっずのお試し体験を受講しました!

編集長
編集長
元小学校教員・2児の母である編集長が正直にレビューします。

この記事では、実際にRISUきっずのタブレットを使用した感想と利用者の口コミ評判をまとめました。

\クーポンコード「fmt07a」で1週間お試しが可能になります!/

RISUきっずのお試しはこちら>>

RISUきっずとは?

RISUきっずは、タブレット教材RISU算数の幼児向けのコースです。

RISUは、東大生などが個別フォローしてくれる算数に特化したタブレット教材です。

受講生は、四谷大塚の全国統一模試全国1位やSAPIX組み分けテスト1位の実績があります。受講生は、算数検定(数検)でも飛び級合格者を多数輩出しています。

RISUきっずは、他の通信教材との違い学年に関係なく、どんどん先取り学習ができるのが特徴です。完全に子どものペースで学習することできます。

RISUきっずの基本情報

対象年齢 年中〜年長(数が数えられるようになってきた子であれば受講可能)
 入会金 0円
月会費 12ヶ月一括33,000円(基本使用料)
教材費 0円

*税込料金です。

RISUきっずはいつからがベスト?3歳は可能?デメリットも。RISUきっずは、幼児向けの算数の先取り学習ができるタブレット教材です。 RISUきっずはいつから始めることができるのでしょうか?...

RISUきっずをお試し体験した結果

今回年中5歳で、もうすぐ年長の息子がRISUきっずを1週間お試し体験をしました。

息子は、年中の1年間こどもちゃれんじすてっぷを受講していました。

こどもちゃれんじすてっぷのカリキュラムでは、

・10までの数を数えられる
・簡単な数の合成分解
・順序数
・平面図形
・○時ちょうど、○時半の時計を読む

などを習いました。数への興味も少しずつ出てきています。

RISUきっずでは、小学1年生前半の算数の内容まで先取り学習をすることができます。

こどもちゃれんじより、ハイレベルな印象があるRISUきっずですが、すごく良さそうなので挑戦してみました。

RISUきっずのお試し体験の申し込みをすると翌日に発送完了のメールが届きました。2日後に自宅にゆうパックで届きました。

中には、タブレット・充電ケーブル・ペン2本

ガイドと説明書

RISUきっずの代表が執筆した本のお試し版が入っていました。

タブレットは、充電がされた状態で届くのですぐに利用開始することができました。

使用するには、Wifi環境が必要です。

最初に設定と使い方のガイダンスがあり、

ステージ1がスタートします。最初に問題の解き方をイラストで説明してくれます。

RISUきっずのタブレットには、ステージ1〜12・各75問が入っています。

各ステージの内容

ステージ1 かずをかぞえよう① 1〜15までの数え方と並び
ステージ2 かずをかぞえよう② 30までの数え方と並び
ステージ3 かずをかぞえよう③ 50までの数え方と並び
ステージ4 たしざんをしよう!① +1〜3までの足し算
ステージ5 たしざんをしよう!② +5までの足し算/2桁+2までの足し算
ステージ6 ひきざんをしよう!① −1〜3までの引き算
ステージ7 ひきざんをしよう!② −4までの引き算
ステージ8 おおきいのはどっち? 2種類のイラストが混在するイラストの大小比較
ステージ9 くらべてみよう! 大きさ・長さなど様々な比較
ステージ10 とけいをよんでみよう! アナログ・デジタル時計の読み方
ステージ11 なかまわけしよう! 同じ種類のイラストの仲間わけ・判別
ステージ12 さいごのテスト! 1〜12までの総復習

 

ステージ1〜3は、1〜50までの数の数え方をみっちりを練習します。ペンで斜線をひきながら、1つずつ数えていきます。

ステージ1〜3(各75問)までで1〜50の数え方を学習しますので、結構な数を数えます。

すでに数を数えるのが得意な子は、すぐに終わってしまうかもしれません。

息子は、数が大きくなってくると正確に数えられなくなり、スピードダウン。後半は、1問ずつゆっくり解いていきました。

実際に小学1年生でも1〜100の数を言うことはできるけれど、物の数を正確に数えられないという子は多いです。

1〜100を言えることよりも、1つ1つ数を正確に数えるということの方が実は大切だったりします。

1つ1つ物を正確に数える練習は幼児期にしておきたいですね

RISUのタブレットは、子どものつまづきを自動で検知して解説動画が配信されます。

東大生・早大生などのチューターと呼ばれる先生の説明動画で、40秒〜3分程度です。

動画を視聴することで、わからなくて困っていても、子どもが自分で解決することができます。

今回見た動画では、早稲田大学の先生が多かったです。

時には、先生と数を数える競争をする動画もあり、息子は一生懸命対決していました。

RISUきっずは、読み上げ機能や先生どうがで説明をしてもらうことができ、子どもが自習できるように設計されています。

実際には、息子が問題のやり方や操作方法などに慣れるまでは、親が一緒に取り組みました。

慣れてくると、徐々に一人でできるようになります。

問題を解くときは、ペンで余白にメモを書くこともできます。

正解すると点数が出て音が流れ、テンションが上がります。

問題を解くごとに、「がんばりポイント」が貯まります。

ポイントが貯まるとプレゼントがゲットできます。息子はかなり商品に魅かれていました!(もっと沢山の種類のプレゼントがありました。)

1ステージ全てクリアすると次のステージに進むことができます。

問題を飛ばして進むことはできないので、がんばりが必要です。

一度クリアした問題を繰り返し解くこともできます。

問題を解き進めていくと「鍵」をもらうことができます。鍵を3つ集めると難易度の高いスペシャル問題にチャレンジすることができます。

スペシャル問題は、パズルや暗号形式の問題、中学受験の問題が含まれています。

適度に難しい問題で時間制限もあるので、とても集中して取り組んでいました!

問題を解く力だけでなく、柔軟な思考力も身につきそうです。

RISUきっずで、会員のデータを分析したところ、2日1回以上・決まった時間に学習を続けることで成果が上がることがわかっているそうです。

RISUきっずは、こどもちゃれんじやスマイルゼミなどと比較すると遊びやゲームの要素は少なく、地道に積み重ねる問題が多いです。

短い時間・2日1回でも続けることで着実に力がつく教材だと言えます。

RISUきっずの料金

RISUきっずの料金は、

契約時に基本料金として年額33,000円(税込)を一括払いします

一括払いのみですが、月額にすると月2,750円(税込)となります。

別途入会金や教材費、タブレット費用はかかりません。

その他にWifi環境が必要になり、通信費は利用者負担となります。

RISUきっずお試し体験キャンペーン

RISUきっずは、お試し体験キャンペーンを行なっており、1週間実際にRISUきっずのタブレットを使用することができます。

1週間のお試し終了後、継続する場合はそのままタブレットを使用することができます。

継続しない場合は、お試し期間終了日までにメールで返却希望の連絡をします。

RISUきっずからの指示に従ってお試し期間終了から7日以内に、タブレットを返却します。

継続しない場合は、体験+保険費用として1,980円(税込)が後日登録したクレジットカードから引き落とされます。

\クーポンコード「fmt07a」で1週間お試しが可能になります!/

RISUきっずのお試しはこちら>>

RISUきっずが終わったら?

RISUきっずの全てのステージを解き終わったら、自動的にRISU算数に移行します。

手続きなしでRISU算数の問題を解き始めることができますが、料金形態が変更となりますので注意が必要です。

RISUきっずは、年額33,000円のみの支払いでしたが、RISU算数ではその他に月々の利用料がかかるようになります。

月の利用料は、利用開始からクリアしたステージ数の合計を利用月数で割った「月の平均クリアステージ数」が1ステージ以上の場合に料金が発生します。

利用開始からクリアしたステージ数÷利用月数=平均クリアステージ数(1ステージ約100問)

利用料の目安

月の平均    クリアステージ数 学習速度 利用料の目安
1ステージ未満 ゆっくり学習 0円
1.2ステージ 少し速いペース 1,100円
1.7〜2ステージ 学校の約1.3〜1.5倍速 3,300円
2.0〜2.5ステージ 学校の約1.9倍速 5,500円
3ステージ以上 学校の役2.3倍速 9,350円

*税込料金です。

ただし、利用料の上限金額が設定されており、上限金額は9,350円(税込)です。

これ以上の料金が発生することはありません。

RISUきっずの口コミ評判

\クーポンコード「fmt07a」で1週間お試しが可能になります!/

RISUきっずのお試しはこちら>>

RISUきっずの解約方法

解約を希望する場合は、マイページにログインの上、問い合わせフォームから連絡します。

その後RISUカスタマーサポートから、「中途解約」「満了解約」のいずれかを選択・最終確認をするメールが届きます。このメールに返信して、解約となります。

契約期間満了での解約は、契約終了日の30日前までに連絡をします。

契約期間中の中途解約は、解約を申し出た月の翌月末で契約終了となります。

解約手数料は発生しませんが、残った期間の基本料の払い戻しもありません。

RISUきっずは兄弟で共有できる?

RISUきっずのタブレットは、残念ながら兄弟で共有することはできません。

兄弟・姉妹で受講する場合は、基本料が33,000円(税込)のところ27,500円(税込)に割引となります。

まとめ

算数は積み重ねで成果が上がり、苦手な分野を作ってしまうと挽回が難しい教科です!

小学1年生は、新しい学校生活に各教科の勉強に、、、と学ぶことが盛り沢山。

そんな環境の中で勉強に集中できずに、残念ながら小学1年生の段階で算数が苦手と感じてしまう子は少なくありません

入学前の先取り学習では、焦らずじっくり自分のペースで取り組むことができます。

わからないまま学習が進んでいくことがありません。

幼児期の時間がたっぷりあるうちに算数に親しんでおきましょう!

\クーポンコード「fmt07a」で1週間お試しが可能になります!/

RISUきっずのお試しはこちら>>

2022年元教師のママが選んだ!幼児の通信教育おすすめ8社!幼児期の学習の目標は、「小学校入学以降、学習を続ける土台をつくること」です。 そのためには好奇心・探究心の芽を育てることが重要です...
【口コミ】こどもちゃれんじじゃんぷタッチを年長が受講した体験談2022年4月から、こどもちゃれんじのタブレット教材である「じゃんぷタッチ」がスタートしました。 年長(5歳・6歳)向けのコースで...
スマイルゼミ幼児コース年長の口コミと内容は?英語は難しい?年長さん(5歳・6歳)になると保護者も子どもも小学校への入学を意識するようになりますよね! そのため、年長さんは「ひらがなを書きた...